無料出会い系サイトの集客方法の真実の姿

無料出会い系サイトの悪質な実態に裏側を色々と書いてきましたが、今回は、そのような悪質な無料出会い系サイトがどのように会員を集めているのか、という点に絞って書いてみたいと思います。これはあまり表には出てこない情報なので、無料出会い系サイトの真の姿が理解できると思います。

僕は以前、インターネットの広告代理店に勤めており、沢山の出会い系サイトがどのような種類の広告を出稿して会員を集めているのか、その裏側をじっくりと見る機会に恵まれていたんです。トップページでも紹介している大手の優良出会い系サイトは、業界では通称「出会える系」と呼ばれていて本当に出会える出会い系サイトとして認知されていたんですね。広告費も膨大にあるのであらゆる所へ出稿していました。インターネット広告だけに限らず、雑誌や街頭広告などは有名ですよね。PCMAXなどは出会い系サイト業界で初めてテレビ広告にも進出したということで話題になったりもしていました。

それらの大手優良出会い系サイト以外のほとんどの出会い系サイトは、業界では通称「出会えない系」と隠語で呼ばれているんです。広告を出稿して会員は一応集めるんですが、基本的には男性ばかり集めて、登録してきた男性に素人女性に扮したサクラメールを送りまくるというパターンがほとんどなんですよ。男女を出会わせる気が最初からないですし、そもそもマッチングする機能さえ存在していないんですよね。

大手優良出会い系サイトには活発な掲示板があって、そこで多くの出会いが生まれているわけですが、無料出会い系サイトには掲示板など存在しません。もし存在しても、それは形だけのものであって素人女性は一切書き込んでいません。

男性しか集めていないという事実を知るには最適の材料があります。それは大手優良出会い系サイトも重宝しているアフィリエイト広告(成果報酬型広告)と呼ばれる広告の成果条件を見れば明らかなんです。会員を獲得してくれたサイトに、1件あたり○○円を支払いします、というような成果が上がって初めて広告報酬が支払われるタイプですね。大手優良出会い系サイトはもちろん男性でも女性でも登録があれば報酬が支払われます。でもほとんどの無料出会い系サイトは、女性が登録しても報酬が支払われず、報酬が支払われる対象が男性だけになっているんですね。男性しか集める気がないことは、これを見れば明らかです。

でもこれは、業界ぐるみの悪行とも言えるかもしれませんよね。だって広告代理店や、会員を集めるのを手伝っている多くのサイトは、ほとんどの無料出会い系サイトが男性しか集めていない事を知っていますし、だから実際には出会えないサイトだということも知っているわけです。でも男性を集めれば広告費をもらえるから、そんなことには目をつぶってただただ儲ける為だけに、詐欺的な無料出会い系サイトに手を貸しているという見方もできますよね。この構造自体を何とかしないといけないのかもしれません。でも、それはちょっと大きな話になってしまうので、まずできることは絶対に無料出会い系サイトには登録せずに騙されてお金を巻き上げられないということですよね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ