この体験談に書かれている23歳OLのように、寂しいから出会い系サイトを使ってセックスを繰り返すという女性は本当に多いように思います。セックスは、寂しさを一時でも忘れさせてくれる最高の薬ですからね。

【PCMAXの体験談・43歳千葉県男性】
PCMAXで20才も年の離れたOLに出会った。田舎から東京に出てきてまだ日が浅いらしく、とにかく寂しいということだった。

出会って話もそこそこにホテルに行った。ホテルで一緒に風呂に入ると、彼女の身体はお湯が弾くほどの若々しい肌で、田舎っぽい顔とアンバランスだったがそれがまたそそるのも事実。興奮しながら風呂から出てベットに行った。

彼女の身体を引寄せて、キスをして徐々に激しく舌を絡ませながら、体に巻きつけていたバスタオルを剥がした。オッパイを揉み、乳首に舌を這わせたり乳首を吸ったりすると、彼女の息使いが荒くなってきた。オッパイから下半身に舌を這わせ、太ももからアソコに愛撫の場所を移していく。両足を開かせるとアソコに顔を埋めた。クリを舌で刺激するとアソコはもうグッショリしている。

彼女を四つん這いにすると後ろから指先でクリを刺激しながら、指を三本入れて激しく動かしてみた。すっかり興奮した彼女は、私を押し倒すと身体中を舐めるとおちんち○を口に含みゆっくり上下した。ちん○が固くなると私は、彼女に覆い被さってにちん○を挿入しすれと彼女からいやらしい声が漏れた。

私は彼女のオッパイを舐めながら腰を深く沈め、ちん○を根元まで挿入して徐々に早く動かしていく。彼女は、それに合わせて激しく腰を振ってきた。体勢を入れ替え彼女を上に乗せると座位になり、彼女の尻を抱え激しく突き上げ、最後は彼女の絶頂と共に彼女の内股に射精した。

寂しさというのは女性をここまで淫乱にさせるものなのかと感じた出会いだった。